FC2ブログ

『キタ9』北九州情報

⚠️台風12号情報

※tenki.jpより 7/28、12時現在強い台風第12号は、勢力を維持して28日夜遅くから29日未明にかけて東海地方に上陸する可能性が高くなっています。各地でイベント中止など様々影響が出ています。くれぐれも、台風情報にご注意下さい。詳細→コチラ!...

第67回「平尾台観光まつり」

消防音楽隊とカラーガード隊によるサマーコンサートを始め、観光まつりコンサート、巨大ダンプトラック見学会、もちろん夏と言えば約800発の花火もあります。開催期間:2018年07月28日時間:9:00~17:00場所:平尾台自然の郷料金:ーーーーーーお問い合せ:093-452-2715 平尾台自然の郷詳細→コチラ!...

開館20周年記念特別企画展「清張オマージュ展」

松本清張記念館は平成30年をもって開館20周年を迎えます。これを記念し、清張作品を敬愛し創作の情熱を得たアーティストによる、清張へのオマージュ作品を集めた企画展を開催。様々に語られ、描かれた、「清張」や「清張作品」をご紹介する、祝祭的企画展です!開催期間:平成30年7月21日(土)~10月31日(水)時間:9:30~18:00場所:松本清張記念館 地階「企画展示室」料金:一般 500円、中高生 300円、小学生 200円 ※常設展示...

夏のこの時期…ハスやナツズイセンが見頃!

古典園芸植物として古くから日本人に親しまれてきた「ハス」。 7~8月にかけて、約30品種、50鉢のハスを展示します。 当園のハスは水鉢を園路間際に配するので至近距離でお楽しみ頂けます。開催期間:2018年7月~ 8月上旬※開花状況によって展示期間を変更する場合があります。時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)火曜日休園場所:北九州市立白野江植物公園 (北九州市門司区白野江二丁目)料金:一般 200円、小中学生 100円お問...

銀河鉄道999 40周年記念舞台「銀河鉄道999」 GALAXY OPERA

40周年を迎えた不朽の名作「銀河鉄道999」が舞台化!原作者であり舞台の総監修を務める松本零士氏のゆかりの地・北九州市で公演。開催期間:2018年7月21日 ~ 7月22日 時間:7月21日(土)12:00〜、17:00〜、7月22日(日)12:00〜場所:北九州芸術劇場大ホール料金:指定席:9,300円、U-25シート:5,500円お問い合せ:03-5774-3030 東京音協(平日11:00~17:00)詳細→コチラ!...

ITOZU YORU ZOO ~夜の動物園~

涼しくなった園内で、昼間とは違う当園の魅力を、ごゆっくりお楽しみください。ライトアップされた園内は、まるで夜のジャングルのよう。動物たちは、暑い昼間には見られないような動きをするかも…⁉︎開催期間:2018年7月27日(金)・28日(土)・29日(日)、8月の 金・土・日 と8月13日(月)・15日(火)・15日(水)時間:9:00~21:00場所:到津の森公園の園内各所料金:入園料は、入園時刻にかかわらず昼間と同じ料金です。お問い...

第3回「北九州国際漫画大賞」作品募集

漫画の魅力・ポテンシャルを北九州市から国内外に向けて広く発信し、漫画文化の普及を図ります。審査委員長は、あの松本 零士氏。一般部門の大賞賞金はナント50万円‼︎募集期間:2018年7月1日(日)~ 2018年9月30日(日)部門;一般部門、ジュニア部門(12歳以下 ※2019年4月1日現在)テーマ;一般部門・自由、ジュニア部門・水ジャンル:4コマ漫画お問い合せ:.093-512-5077 北九州市漫画ミュージアム詳細→コチラ!...

皿倉山頂で乾杯!「星空ビアガーデン」

今年も「皿倉山頂で乾杯!星空ビアガーデン」を開催。暑い夏の夜を涼しい山頂で過ごしませんか?新企画「皿倉山でほろ酔いBBQランチ」♪お昼に山頂でBBQビアガーデンしませんか?開催期間:2018年 7月13日(金)~9月2日(日) 時間:18:00~21:00(オーダーストップ20:00)場所:皿倉山頂広場&展望台レストラン料金:「おつまみコース」大人3,500円(税込)ほか、「BBQコース」大人5,000円(税込)ほか ※ケーブルカー...

「門司港ビアフェスタ」レトロナイト in サマー

平成7年に“サッポロビール逃げないで”をテーマに「第1回レトロナイトinサマー」が開催され定着したイベント。世界各地の20種類以上のビールを始め、日本酒、焼酎、ワインに、あか牛の串焼き、極太ワイルドフランク、手羽先の唐揚げなど美味しいグルメも盛り沢山で楽しめそうです!開催期間:2018年 7月20日(金)~22日(日)時間:ーーーーー場所:門司港レトロ中央広場料金:前売り/10枚綴り¥1,000お問い合せ:093-342-7013 門司...

泣ける…閉園から半年経ったスペースワールドの現在

photo by T.Tanebe今年の上旬、解体作業が始まる前にもう一度観ておこうとスペースワールドを訪れ外回りを少し歩いて回った。実は以前、地元の某TV局でこのテーマパークのキャラクターを使った子供番組を制作していたので、その時の懐かしい想い出が蘇ってきた。そんな中、WEBサイトで「ロケットニュース24」というBlogにスペースワールドの記事を見つけたのでご紹介します。スペースワールドが昨年末で27年の歴史に終止符を打って...